ゼファルリン タバコを吸うとゼファルリンの増大効果が阻害されます

大森直樹
この記事を監修したのは

大森直樹です

ゼファルリンとタバコの相性は?

「百害あって一利なし」とも言われるタバコですが、ゼファルリンとの相性で言えばその言葉が100%当てはまるといっても良いでしょう。
タバコとゼファルリンの相性は最悪と言えるくらいで、タバコを吸っているとゼファルリンの効果を十分に感じられない人がほとんどです。
せっかく、ゼファルリンを飲んでいてもタバコを吸っただけで効果が半減するどころかゼロにもなりかねないと聞くと、ゼファルリンを飲み始めるか迷っている喫煙者は、タバコを吸っていても大丈夫な増大サプリを探そうと思うのではないでしょうか。
しかし、残念ながらタバコと相性が悪い増大サプリはゼファルリンだけではありません。
多くの増大サプリに含まれている成分は、タバコによって効果がなくなってしまう、効果が出るまでに時間がかかってしまうものです。
タバコによる健康への被害については多くの人が知っていることですが、チンコのサイズアップをしたい人にとってもタバコは何一つ良いところがないということも覚えておいた方が良いですね。

タバコを吸うとゼファルリンの効果が阻害される

タバコとゼファルリンの相性が悪い理由は、ゼファルリンに配合されている成分が増大に働きかけようとしてもタバコがそれを阻害してしまうからです。
チンコを大きくするためには、血行を促進することがかなり重要なポイントとなるので、ゼファルリンには血管を拡張し、血流を増加させる成分が配合されています。
これらの成分が十分に作用すれば、増大が成功するのですがタバコを吸うとこの働きが一気に弱められてしまいます。
タバコには血管を収縮させる働きがあり、一時的に血流が減少しますが、この働きはゼファルリンの配合成分と真逆の作用といっても良いでしょう。
タバコ1本でゼファルリンの効果がゼロにまではならないとしても、ゼファルリンを飲んでいる喫煙者と非喫煙者では効果に差が出るのも当然ですよね。
継続してゼファルリンを飲んでいるけれど効果が出ない喫煙者も、タバコがゼファルリンの効果を阻害しているという事実を知れば禁煙、減煙の努力をしようと思うかもしれませんね。

ゼファルリンを飲むならタバコを止めたほうが良い?

チンコは大きくしたいけれど、タバコも止められないという人が無理に喫煙したとしたら、それが大きなストレスにもなるでしょう。
確かに、禁煙すれば、ゼファルリンに配合された成分が血流を増加させ、血行を良くする効果を阻害することはなくなりますが、今度はストレスが体に悪影響を与えることにもなりかねません。
ストレスなく禁煙できるのが一番ですが、どうしても止められないという人は本数を減らしたり、タバコを吸った前後にゼファルリンを飲まないなどタイミングに気をつけてみてはいかがでしょうか。
タバコが血流に影響を与えるのは、喫煙後の15分程度と言われています。
ゼファルリンを飲む時には、このタイミングを外せばダイレクトにゼファルリンの効果が阻害されることもなさそうです。
ただし、タバコを吸うことで慢性的な血行不良状態を引き起こし、血液が体内に十分に行きわたらない状態を作り出すのも事実です。
タバコの本数を減らしたり、禁煙したりすることで、健康な体を手に入れることができればゼファルリンによる増大効果がさらにアップするのも確かなので、ストレスをためない禁煙方法を探してみるのも良いかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする