ゼファルリン 成長※1週間で+3.2cmなど増大できた全員の体験談サイト

大森直樹
この記事を監修したのは

大森直樹です

ゼファルリン 成長※1週間で+3.2cmなど増大できた全員の体験談サイト

こちらのサイトです▼

引用元;サイト名:ゼファルリン 1週間で+3.2cm増大できた-投稿者は34万3,608人です

ゼファルリンは成長ホルモンの分泌を促進

ゼファルリンに配合されているL-トリプトファンは、成長ホルモンの分泌を促してくれる「成長ホルモン誘導体」です。
L-トリプトファンは体内で作り出すことができないので、サプリや食品から摂取する必要がありますが、ゼファルリンは、アルギニンやL-シトルリンなどと同時にL-トリプトファンを摂取することで、チンコの成長を促進することができます。
成長ホルモンが最も盛んに分泌されるのは、就寝後3時間経ったくらいでこのタイミングに合わせてL-トリプトファンを吸収できるようにと、就寝前にゼファルリンを飲んでいる人も多いようです。
通常、成長ホルモンの分泌は10台をピークに減少していき、身長の伸びなどはこの時点でストップします。
身長については、成長ホルモンの分泌が減少し始めてから伸ばすのは難しいですが、チンコについては成長の余地を残したまま成長期のピークを終えてしまっている人も多いため、20代、30代であっても増大が可能です。
チンコの成長が途中で止まってしまう理由は色々あるようですが、オナニーのし過ぎや思春期の頃の寝不足、栄養の偏りなどが原因として考えられます。
その頃は、チンコのサイズに不規則な生活やオナニーが関係するとは思っていなかったのでしょうが、大人になってから後悔しても遅いですね。
ただし、後悔しているだけではチンコのサイズは変わらないので、もっと大きくしたいならやはりゼファルリンを飲むべきでしょう。
成長ホルモンの分泌を促進してくれる成分が配合されたゼファルリンなら、大人になってからチンコを成長させることも無理ではありません。

成長期の10代にゼファルリンは必要なし?

早い人なら10代の初めのうちに自分のチンコが小さいのではと悩み始めるようですが、チンコの悩みは10代男性にとっても深刻なものですよね。
10代といえば成長期の真っ最中でもあるので、まだチンコの成長が見込めますが一度コンプレックスを持ってしまうとなかなか解消できず、ゼファルリンを飲んでみたいという10代の若者もいるようです。
ゼファルリンは未成年者でも服用可能なサプリなので、もちろん成長期である10代の男性が服用しても問題はありませんが、成長ホルモンが盛んに分泌されている時期に飲むのはあまりお勧めできないでしょう。
というのも、ゼファルリンを飲むことでホルモンの分泌が促進されると、ホルモンバランスの崩れによる体調不良が起こる可能性もあるからです。
ゼファルリンに配合されている成分は成長ホルモンの分泌が減少し始めた男性には絶大な効果がありますが、逆に自然に分泌されるホルモン量が多い成長期の男性にはあまり必要のない成分とも言えます。
成長ホルモンの分泌が減少し始める年齢には個人差がありますが、10代でゼファルリンを飲んでみたいと思っても17歳、18歳くらいまでは自然にチンコが成長するのを待った方が良いでしょうね。

ゼファルリンを飲めば何歳でもチンコは成長する

ゼファルリンでチンコを成長させることができると聞いても、既に40代、50代になっている男性はその効果が信じられず、年だから無理だろうと諦めてしまうことがあります。
しかし、チンコの成長に必要なホルモンは成長期以降も分泌が続いているので、ゼファルリンで分泌を促進できれば、何歳であってもチンコを成長させることはできます。
早ければ早いほど効果が出るまでにも時間がかからないのは確かなものの、30代、40代からでも決して遅くはありません。
ゼファルリンを飲まなければ決してチンコのサイズが変わることはないでしょうが、ゼファルリンを飲めば何歳からでもチンコは大きくなるということです。
チンコに十分な血液を送りこむ、成長ホルモンの分泌を促すという働きのあるゼファルリンで、チンコを成長させたいのなら、迷っている時間はありませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする