ゼファルリン 飲み過ぎによる副作用の報告|現時点ではありません

大森直樹
この記事を監修したのは

大森直樹です

ゼファルリン飲み過ぎて副作用があったという報告はありません

もし、ゼファルリンを飲み過ぎて副作用があったいう方がおられましたら、どのような状況なのかを教えてください。
副作用の報告は、コチラより⇒ゼファルリン 副作用の窓口
※クリックしますと、お問合せフォームのページに飛びますので、お問合せフォームへどのような状況なのかをご入力ください。

ゼファルリンって、たくさん飲めばそれだけ早く効くものなのか?

今までサイズが小さいとコンプレックスを抱いていた人にとって、ゼファルリンはそれこそ夢のようなサプリに思えるでしょう。
なにせ、飲むだけで増大するのですから。
ゼファルリンの箱の中にはカプセルと錠剤がそれぞれ60粒ずつ含まれています。
1日の処方量はカプセル、錠剤ともに2粒ずつです。
でも、早く効能を確認したいと思って、もっと多量に飲んでしまった場合、どうなるでしょう?
オーバードーズ(薬剤の多量摂取)による副作用の危険性はないのでしょうか?
結論から言えば、副作用のリスクはそれほど大きくはありません。
もちろん、限度はありますから、例えば、1箱分を一度に全部飲んでしまえばそれなりのリスクは伴いますが、2倍の分量を摂取するくらいでは特に問題はありません。
というのも、基本的にゼファルリンに含まれている成分は、自然成分が主体で、身体に優しい薬剤が中心ですので、多少多めに飲んだところで身体に即悪影響が及ぶ危険は少ないのです。
とはいえ、多量に飲んだからと言って、早く効き目が表れるという訳でもないようです。
そもそもカプセルと錠剤に分けて処方しているのも、一日の中で最適なタイミングで最適な分量を身体に流し込む目的で作られたものですから、多く飲んだからと言って、効き目が倍になるわけでもないのです。
むしろ、成分が完全に吸収されずに無駄に排出されてしまう可能性の方が大きいです。

カプセルは朝起きた時、錠剤は夜寝る前にそれぞれ2粒ずつ飲みましょう

ゼファルリンはあくまでもサプリですので、これが正しい飲み方だというルールはありません。
ですが、できるだけ効果的に飲む方法は存在します。
それは、カプセルは朝起きた時に2粒、錠剤は夜寝る前に2粒、それぞれ水かお湯で飲むことです。
こうすることで、それぞれの薬効を最大限に引き出すことが可能になります。
また服用期間の間は、できるだけお酒やタバコなどの嗜好品は控えた方がいいでしょう。
自分なりのルールを守って、継続して使用することできっと増大に成功できるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする