ゼファルリン アルギニンは成長ホルモン分泌や増大効果を高めます

大森直樹
この記事を監修したのは

大森直樹です

アルギニンそのものの効果について

増大サプリに含まれていることの多いアルギニンですが、このアルギニンは、どのような面からサイズアップに影響を与えているのでしょうか。
アルギニンはアミノ酸の一種で、血管の拡張によって血流を促進する効果と成長ホルモンの分泌の促進効果があります。
血流の促進効果によって、チンコに流れ込む血液量を大きくし、勃起力の強化とサイズアップにつながります。
また、成長ホルモンの分泌の促進効果によって、海綿体の細胞を成長させ増大につなげるのです。
こういったことからも、アルギニンは増大には欠かせない成分として、さまざまな増大サプリに配合されています。
また、アルギニン単体でのサプリメントもありますので、そういったサプリメントを利用して摂取することも良いかもしれません。

ゼファルリンが含有するアルギニンついて

増大サプリに必須ともいえる効果を持つアルギニンですが、ゼファルリンにもアルギニンは含まれています。
アルギニンはシトルリンと相性が良く、これら2つの成分は相互に影響しあい、成長ホルモンの分泌の促進効果を起こすようです。
そういった意味では、ゼファルリンを飲めばアルギニンの効果とシトルリンの効果によって、更に増大を叶えることが出来るのではないでしょうか。
しかし、ゼファルリンはシトルリンとトリプトファンの2成分が中心の増大サプリですから、アルギニンの含有量は少ないかもしれません。
そういった意味では、アルギニン単体のサプリメントも同時に摂取することも良いかもしれません。
そうすれば、シトルリンとの成分量が丁度良くなり、成長ホルモンの分泌の促進効果を最大限受けることが出来るかもしれません。

ゼファルリンが含有するアルギニンは海綿体の細胞を成長させます

アルギニンは、サイズアップを行っていくうえで大切な成分です。
血流の促進効果と成長ホルモンの分泌の促進効果によって増大を可能にします。
チンコに流れる血流を多くし、海綿体の細胞を成長させサイズアップに貢献します。
また、シトルリンとの相性が良く、相互に影響しあい成長ホルモンの分泌の促進効果を大きくします。
そういった意味では、シトルリンを多く含むゼファルリンは増大を期待できると考えられます。
ゼファルリンはシトルリンとトリプトファンの2成分が中心ですから、そのアルギニンの含有量に不満があれば、アルギニン単体のサプリメントも同時に摂取することで増大を最大限行うことが出来るのではないでしょうか。

アルギニンが自分の体の中で起こす効果

アルギニンは、精子の量の増加、精子の運動性が上がる効果があることから、男性の不妊症に最適なものとしてされている成分の一つですが、ゼファルリンを飲むことによって、アルギニンが様々な成分と合わさり、アルギニンのパフォーマンスをあげることができ、チンコの増大につながっています。
他にアルギニンは、血管を広げさせ血流を増加させる、疲労回復、免疫力がアップするなど、さまざまな効果があります。
次の章では、アルギニンの基本情報をを書いていきます。

アルギニンがないとチンコは大きくならない

アルギニンは、精力剤の中に必ずと言ってもいいほど入っている成分で、入っていないと精力剤として話にならない程度の重要な成分です。
体外で摂取できず体内でしかつくる事ができない必須アミノ酸と違い、非必須アミノ酸と呼ばれる、基本的には体内で自然な形で分泌されるアミノ酸で対外からも摂取できる成分が入っているのがアルギニンです。
前の章でも書きましたが、アルギニンは男性の精力を促進するために大切なものとして知られています。
食べ物の中にも、アルギニンが入っているものがあり、よく精がつくものとして有名なマムシやスッポンに入っているのですが、毎日マムシやスッポンを摂取することはなかなか難しいと思うので、次の章では普段の生活の中にあるアルギニンの効果がある食べ物を紹介します。

アルギニンがよく入っている食べ物、アルギニンが起こす副作用

普段の生活の中でよく食べ、アルギニンが入っている物は、貝類です。
貝類の中には、精力がつくものがたくさんあり、男性にはうれしい成分が多く含まれていて、うれしい成分としての代表例が亜鉛です。
亜鉛は、髪の毛を増やすために重要な成分で、ゼファルリンの中にも入っています。
その他に、肉類や大豆製品の中にもアルギニンは多く入っています。
ただ、効果を信じ、貝や肉や魚を食べ過ぎると、下痢などの副作用が起きることがあり、ただアルギニンだけを摂ろうする偏った食生活はやめておいたほうがいいでしょう。
副作用を起こさないようにもするためにゼファルリンがあり、ゼファルリンの中には強壮作用を促す成分が数多くあって、アルギニンはそれらの成分と一緒にとることによって効果が増してきます。
注意点として、喘息持ちの方やアレルギー体質の方は病状が悪くなる可能性があるので、過剰摂取には気をつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする