ゼファルリン アルコールは血流悪化⇒ホルモン分泌低下⇒増大に悪影響

大森直樹
この記事を監修したのは

大森直樹です

ゼファルリンの効果

ゼファルリンが、どのように増大を可能にするかというと、2つの側面から増大を可能にしています。
それは、血流の促進と成長ホルモンの分泌の促進効果です。
血流の促進では、血管の拡張によって血流を大きくし、海綿体の組織を増殖させ増大しています。
また、成長ホルモンと男性ホルモンの分泌を促進して、精力の増進と性機能の向上が行われます。
ゼファルリンは、これらの主な2つの効果によって増大を可能にしています。
ゼファルリンには、さまざまな成分が含まれていますから、それぞれの成分によって増大効果に与える影響が異なります。
ゼファルリン独自の配合によって、さまざまな成分がゼファルリンには含まれており、それぞれの複合的な効果によって増大を可能にしています。

アルコールは避けるべき

ゼファルリンを増大のために使用する際、アルコールをとることは極力避けた方が良いのではないかと思います。
アルコールは睡眠の際に寝付くことには良いですが、睡眠の質は下がってしまいますので、成長ホルモンの分泌の促進効果に悪影響を与えてしまうかも知れません。
また、アルコールは血流に影響を与えますので、ゼファルリンの血流の促進効果による増大に悪影響を及ぼす可能性があります。
これらのことを考えると、ゼファルリンによって増大したいのであれば、必要がない限りはアルコールは避けた方が良いのではないでしょうか。
アルコールを摂取したからと言って、副作用などがあるというわけではありませんし、身体に悪影響はないと思いますが、ゼファルリンの増大効果をしっかりと最大限得たいのであれば、アルコールを摂ることを少なくした方が良いのではないかと思います。

アルコールは血流に影響を与えてしまいます

ゼファルリンによる増大効果とアルコールとの関係は、あまり良いものではありません。
ゼファルリンは、主に血管の拡張による血流の改善と成長ホルモンの分泌の促進効果が増大への効果ですが、アルコールはどちらにもあまり良い影響を与えません。
アルコールは血流に影響を与えてしまいますし、睡眠の質を下げますので、成長ホルモンの分泌の促進効果が落ちてしまいます。
これらのことを踏まえると、アルコールをとらなければならない状況でない限り、ゼファルリンを使用するならば、アルコールを避けた生活を送った方が早い段階での増大を可能にできるのではないかと思います。

ゼファルリンとアルコールの相性は?

ゼファルリンには、血行を良くしてチンコに血液を送り込むことでサイズアップに働きかける成分が配合されています。
日常生活の中で血行が良くなることといえば、お酒を飲むことと運動することですが、アルコールとゼファルリンはあまり相性が良くありません。
どちらも血行を促進するという意味では同じように体に作用しますが、アルコールには血流を促進する以外の作用があり、またアルコールを分解するためにゼファルリンが無駄に使われることも考えられます。
ゼファルリン自体には副作用の危険もなく、健康補助食品として摂取するのは問題ありませんが、アルコールと同時に摂取した場合は思わぬ副作用を引き起こす心配もあります。
特に、血圧が高めの人はゼファルリンとアルコールで一度に血流が増えることにより、血管の負荷が増え、傷つけてしまう恐れもあります。
万が一を避けるためにも、アルコールとゼファルリンを同時に摂取しないように気を付けましょう。

アルコールでゼファルリンの効果がゼロになる?

ゼファルリンを夜に飲む人は、その前にお酒を飲んでいることも多いかもしれませんが、ゼファルリンの服用時間と飲酒の時間の間隔が近いとゼファルリンが効果を発揮しづらくなるので注意が必要です。
というのも、アルコールが体内で分解される際に、ゼファルリンの配合成分が消費されてしまい、増大に働きかける成分が少なくなってしまうからです。
ゼファルリンとアルコールを同時に摂取するのは、副作用のリスクを高めることにもなりますが、そもそもの効果まで半減してしまうとなるともったいないとしか言えませんよね。
ゼファルリンを飲むのであれば、アルコールの摂取時間と間隔を空けることが大事です。
就寝前のギリギリまで飲む予定があるのなら、早めにゼファルリンを飲んでおいたほうが良いですね。

ゼファルリンを飲むならアルコールは控えめに

ゼファルリンとアルコールの相性が良くないですし、アルコールがゼファルリンの効果を阻害すると知ってしまった以上、禁酒するのが一番ですが、付き合いなどもあるので、すぐにお酒を止められないという人もいるはずです。
また、アルコールを止めることがストレスになるのであれば、それも増大には逆効果なので無理に禁酒する必要はありません。
健康へのリスクを減らし、ゼファルリンの効果を最大限に発揮させるためには、アルコールの量を控えて、ゼファルリンの服用時間を工夫することが大切です。
アルコールが完全に分解するまでの時間は、通常であれば3~4時間と言われています。
お酒を飲んだ後も3~4時間くらい起きていられるのなら、ゼファルリンを服用するのは就寝前でも構いません。
しかし、お酒を飲んですぐに寝てしまうのであれば朝、昼のうちに一日分のゼファルリンを飲み終えてしまった方が良いでしょう。
もちろん、お酒の飲み過ぎはゼファルリンの効果を半減させるだけでなく、健康を害することにもなるので飲み過ぎは禁物です。
心地良く酔える程度のお酒を時々飲むくらいなら、アルコールがゼファルリンに与える影響は少ないでしょうね。

ゼファルリン アルコールを飲んだ場合、最低2時間は空けましょう

お酒を飲んだとき、アルコールが抜けるまでの時間は体重1kgあたり、1時間で純アルコール0.1gといわれています。
例えば、体重60kgだと、1時間に6gの純アルコールを処理できることになります。
純アルコールとは、度数を考慮に入れたアルコールの基準値のことです。
純アルコール量は、飲んだ量(ml)×度数(15 度もしくは 15%なら 0.15)×0.8で計算します。
350mlのビール(5%)を飲んだ場合、純アルコール量は、350ml x 0.05(ビールのアルコール度数5度だと5%だから0.15) x 0.8 = 14gとなります。
体重60kgの方だと、1時間に6gの純アルコールを処理できますので、 14gでは2時間とちょっとかかる計算になります。
ただし、これは一般的なケースの計算です。
人によって、その時の体調やお酒の強い弱いがありますので、この計算での時間が過ぎたのでお酒が完全に抜けたと過信しないようにてください。

ゼファルリンとアルコールは一緒にとらない

ゼファルリンに限った話ではないが、サプリメントとアルコール類を一緒に摂取するのは大変危険です。
ゼファルリンは、サプリメントの性質上、かなり体に負担がかかり、もし、一緒に摂取すると、吐き気や腹痛、動悸などの副作用が起こり、ひどい場合、急性アルコール中毒になる可能性があります。
しかし、お酒の席がはずせない人や毎日お酒を飲まないとやってられない人はどうするのか悩むこともあると思うので、こういった状態に陥った場合にどうすればいいのか、対処法を教えていきたいと思います。

禁酒が一番の対処法、でも我慢できなかったら・・・

まず、極論を言ってしまうとお酒を断つことです。
お酒を断つことが効果が一番でやすいということですが、そういうわけにいかない人はどうすればよいのでしょうか?
まず、できることといったら、ゼファルリンを飲むタイミングを、早くして、少なくとも、飲酒する6時間以上前に摂取するようにしましょう。
そして、飲酒の際は量を少なくし、体調管理に勤めるようにしましょう。
例えば、飲み会では缶ビール3本ぐらいまでにして、家だと缶ビール1本にするなど工夫して飲むようにしましょう。
ただ、これは時と場合により飲む量を変更して、柔軟に対応できたほうがいいです。
飲まざるを得ない場合もありますからね。
自分で調整できるものはするようにしましょう。

始めと終わりが大切になってくる

次に、摂取のタイミングの話になるが、前の文に書いたように飲酒の6時間以上前に摂取したほうがいいのですが、そういわれても、タイミングが分からない人もいるはず。
ゼファルリンによる、正しい摂取のタイミングについての説明が書いてあったので紹介します。
ゼファルリンは、1ヶ月分(1箱分)の中に、カプセル60錠、錠剤60錠が入っていて、1日1回、両方のタイプを2錠飲むのですが、朝食後にカプセル2錠、寝る前に錠剤2錠を飲むと書いてあります。
また、飲酒・喫煙は避けるようにとも書いてあります。
避けるようにと書いてありますが、説明書きとして当たり前のこと。
当たり前のことといえば、説明の中に製品の性質上、アルコールでのご飲用はお避けくださいと書いてあります。
飲用の際は必ず、水やぬるま湯で飲むようにしましょう。
次に飲酒後の摂取についてですが、二日酔いでお酒が体内に残っている時も、摂取のタイミングを遅らすようにしましょう。
もし、ゼファルリンを飲もうとしている人がいるのならば、アルコール類を摂取するのを我慢するということが大事になってきます。
ゼファルリンはすぐ利くものではないので、効果が出るまで飲み続けることが大事です。
もし、毎日飲む必要がある人はゼファルリンの飲むタイミングを工夫しないといけません。
ある程度覚悟をもって、生活したほうがよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする