ヴィトックスα 飲酒すると血管が縮小し増大効果は半減します

山本俊樹
この記事を監修したのは

山本俊樹です

飲酒後にヴィトックスαを飲んでも大丈夫?

お酒が好きで毎晩飲酒しているという人も少なくないでしょう。
でも、ヴィトックスαを飲むなら、飲酒してから飲んではいけません。
飲酒する事で、ヴィトックスαの効果が薄れるからです。
ヴィトックスαでチンコを大きくしたいなら、お酒を止めるか、あるいは、お酒を飲む夜ではなく、朝かお昼にヴィトックスαを飲むようにしましょう。
また、お酒でヴィトックスαを飲むのもダメです。
ヴィトックスαは水かお湯で飲むようにしてください。
飲酒が止められない人でも、ヴィトックスαは効果をもたらしてくれるので、お酒好きだからといって、飲むのを諦める必要はありません。
毎晩晩酌しているなら、ヴィトックスαを朝かお昼に飲む習慣をつければ大丈夫です。

ヴィトックスα 飲酒による悪影響とは?

飲酒すると血液循環が良くなって、ヴィトックスαがより効果的に作用するんじゃないかと思う人もいるかもしれません。
でも、それは間違いです。
飲酒によって血液循環が良くなるのは最初だけで、後は血管が縮小しますから、ヴィトックスαの効果も半減します。
それに、飲酒すると、ヴィトックスαの成分がアルコールの分解のために使われてしまい、チンコを大きくするという本来の目的の方に回らなくなってしまうんです。
そのため、飲酒してヴィトックスを飲んでいても、効果は現れません。
本気でチンコを大きくしたいなら、飲酒は控えた方がいいでしょう。
どうしても飲酒したいなら、ヴィトックスαの成分がアルコール分解で使われないように、朝やお昼に飲むようにしましょう。

ヴィトックスαは酒との飲み合わせに注意しましょう

お酒は毎日飲む人もいればそれほど飲まない人、まったく飲まない人など様々だと思いますが、飲み合わせに気を付ける必要はあります。
医薬品などは、アルコールと一緒に飲むことはいけませんし、効き目が変わってしまいますから飲む合わせに注意する必要があります。
お酒を飲むことで血液の循環に影響を及ぼします。
もちろん、この影響は医薬品だけでなくサプリメントにも影響があるのではないかと思われます。
血液の循環に影響があると、成分が体に吸収される際には悪い効果を与えてしまうのではないかと思います。
やはり、医薬品にしてもサプリメントにしても、しっかりとその効果を得たいのであれば、お酒と一緒に摂取することは避けることが重要なのではないかと思います。
副作用などを起こさないためにも、医薬品にしてもサプリメントにしても、お酒と一緒にはとらないほうが良いのではないでしょうか。

ヴィトックスαと酒の関係

医薬品の場合には、アルコールと一緒に摂取することはよくない場合が多いですが、ヴィトックスαの場合はどうでしょうか。
ヴィトックスαは健康補助食品ですので、特にお酒との悪い関係性はないように思われます。
ヴィトックスαは血流の促進と成長ホルモンの分泌によってチンコのサイズアップ効果を達成するサプリメントですので、そういったことを考えると、アルコールによって血流の循環に影響してしまうのはマイナスなのではないかと思います。
したがって、ヴィトックスαを使用する際には、水かぬるま湯で飲むようにして、お酒で飲むということを避ければよいのではないかと思います。
医薬品の場合には、摂取している間はアルコールを避けるべきということがありますが、ヴィトックスαは健康補助食品であることを考えると、使用する際にアルコールと同時に摂ることさえしなければ良いのではないかと思います。

ヴィトックスαはお酒ではなく、水かぬるま湯で飲みましょう

お酒との付き合い方は、人によってさまざまだと思いますが、医薬品やサプリメントを使用している人の場合は、アルコールとの付き合い方を考える必要があります。
アルコールは血液の循環に影響を与えますので、医薬品やサプリメントの成分の血中濃度に影響を与えます。
そういった意味では、アルコールと医薬品やサプリメントの相性を考えたうえで、お酒を飲む必要があります。
ヴィトックスαは健康補助食品ですので、特にアルコールとの悪い関係はないとは思いますが、摂取する際には、水かぬるま湯で飲むということをしっかりとしておけば、その他の場面ではアルコールを摂取しても問題はないと思います。

アルコールを飲んだらヴィトックスαは飲まない方がいい?

アルコールを飲むと血流が良くなりますよね。
という事は、アルコールを飲んで血流が良い状態でヴィトックスαを飲むと、ヴィトックスαがより効果的に作用するのではないかと思う人もいるかもしれませんが、これは間違いです。
アルコールを飲んでいる時は確かに血流が良くなるのですが、その後は逆に血流が悪くなって、血管も縮小してしまうんです。
血管が縮小すると、せっかくヴィトックスαを飲んでも、チンコは大きくなりません。
ヴィトックスαの効果を最大限に発揮させ、本気でチンコを大きくさせたいなら、アルコールは控えた方がいいでしょう。
もちろんヴィトックスαを飲む時も、アルコールではなくお水かお湯で飲むようにしましょう。

アルコールがヴィトックスαに与える影響

アルコールを飲むと肝臓でアルコールを分解しますが、ヴィトックスαに含まれているアルギニンやシトルリンも、アルコールを分解するのに使われてしまうんです。
だから、せっかくヴィトックスαを飲んでも、アルコールを飲んでしまうと、ヴィトックスαの主成分がチンコ増大に効果を発揮する前に、アルコール分解で使われてしまう事に。
これでは何のためにヴィトックスαを飲んでいるのか分かりませんね。
アルコールを飲んだ時は、アルコールが分解された後にヴィトックスαを飲むようにしましょう。
ただ分解までには数時間かかってしまうので、アルコールを飲む事が分かっているなら、その日は夜ではなく朝かお昼にヴィトックスαを飲むといいでしょう。

ヴィトックスαと飲酒について

ヴィトックスαは夜に飲むと効果的だと言われていますが、飲酒した夜は例外です。
アルコールを飲むと、せっかくのヴィトックスαの成分が効果的に働かなくなってしまいますから、飲酒した日は、夜ではなく朝かお昼にヴィトックスαを飲むようにしてください。
ヴィトックスαは高額なサプリメントですし、チンコを大きくしたいという切実な願いを抱いている人が飲むものですから、効率よく摂取しないと時間もお金も無駄になってしまいますよね。
本気でチンコを大きくするつもりなら飲酒をしないというのが一番でしょう。
でも、お付き合いなどでどうしても飲まなければいけない場合には、ヴィトックスαは飲酒後ではなく朝かお昼に飲むようにしましょう。

ヴィトックスαの効果が飲酒で半減?!

飲酒すると血流がよくなるので、ヴィトックスαの成分がより効果的に体にいきわたるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。
アルコールが体内に入っている時は確かに血流はよくなりますが、アルコールが抜けると、逆に血流が悪くなってしまうんです。
瞬間的に勃起力をアップさせたいなど、一時的な効果を狙う場合には、飲酒をした後にヴィトックスαを飲んでもOKですが、チンコを大きくしたいなら、飲酒後にヴィトックスαを飲むのは逆効果になります。
増大のためにヴィトックスαを飲んでいるなら、アルコールはできるだけ控えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする