ヴィトックスα 血圧が安定していない人への注意点((降圧剤を飲んでいる等)

山本俊樹
この記事を監修したのは

山本俊樹です

ヴィトックスαによる血圧の変化

ヴィトックスαは副作用も何もないサプリメントですが、ただ、血管拡張作用がありますから、ヴィトックスαを飲む事によって血圧が上昇する事もあります。
もちろん、血圧が上がったり下がったりするのは、血管の状態や血液の状態によって違いますから、ヴィトックスαを飲んで血液が下がる場合もあります。
特に、降圧剤などの薬を飲んでいる人は、急激な血液の上昇や低下などの症状が表れやすいので、ヴィトックスαを飲む前に、医師に相談した方がいいでしょう。
ヴィトックスαには顕著な副作用はありませんが、やはり健康な人が飲む事を前提に作られていますから、体に不具合がある場合、ヴィトックスαを飲む前に医師の指導を仰いだほうがいいかもしれませんね。

ヴィトックスαを飲むには血圧の安定が必須?!

ヴィトックスαは高血圧でお薬を飲んでいる人や低血圧の人は、勝手に飲まない方がいいでしょう。
というのも、ヴィトックスαは血圧が安定していない人が飲むとリスクがあるからです。
血流増加や血管拡張などの効果を持つヴィトックスαは、血圧にも大きな影響を与えますから、血圧が安定していないと、血圧が乱高下する危険性があり、危険なんです。
ただ、高血圧や低血圧の人が飲んではいけないというわけではありません。
血圧が安定していない人は、病院で聞いてみましょう。
ヴィトックスαにたくさんの効能がありますが、個々の血圧によっては、それが逆に作用してしまう事も。
低血圧や高血圧の人は、恥ずかしいかもしれませんが、飲む前にお医者さんに相談するようにしましょう。

降圧剤とヴィトックスαの併用は絶対にしないようにしましょう

血圧の方は自分の判断だけで、ヴィトックスαを飲用せず、まず病院へ行き医師への相談が必要になってきます。
ヴィトックスαには増大の為に「血流を増加」させる効果があるので、高血圧で病院へ通われている方なら、降圧剤という薬を処方されていると思いますので、この降圧剤とヴィトックスαの併用は絶対にしないようにしましょう。
高血圧でヴィトックスαを飲用し血流を増加させてしまうと、降圧剤の本来の目的がなくってしまいます。
あと、低血圧の方は高血圧じゃないからヴィトックスαを飲用しても大丈夫というわけではなく、低血圧というのは血流が悪いということなので、ヴィトックスαを飲んで血流が良くなるなら、飲んでも大丈夫という勘違いはしないようにしてください。
低血圧や高血圧の方が薬を飲んで改善していくなら、それは極力身体に負担をかけないように「ゆっくり改善」していくことなので、そこでヴィトックスαを飲用してしまうと、急激に変化が起こり、身体にとても負担になるということになります。
しっかり改善されないうちにヴィトックスαを飲用してしまうと、ただ身体に「急激な変化」という負担を与えるだけです。
高血圧の方や低血圧の方も、ご自身の判断でヴィトックスαと薬を併用した場合、副作用で動悸不全を引き起こす可能性がありますので副作用を起こして更に身体に負担をかけないようにしましょう。

ヴィトックスαは副作用が絶対ないという訳ではない

増大サプリメントと言えば、ヴィトックスαを思いつくという人が多いと言われていますが、効果があると言うことは副作用があるのではないかと思う人もいるかと思います。
ヴィトックスαはサプリメントであり、栄養補助食品と呼ばれるものになり、医薬品ではないと言うことなので安心してください。
栄養補助食品であるので、副作用の心配もなく安心して飲み続けることが出来て、なおかつヴィトックスαの中に含まれている成分は、どれも天然成分なので、ずっと飲み続けても問題はありません。
ただ、強力な増大効果が期待出来るから、副作用が絶対ないという訳ではありません。
それは正しい使用をしないことから起きることがあり、早く増大を期待したいために、用量以上の多くの量を飲むことになってしまうかもしれませんがこれは絶対にやってはいけないことであり、そのような飲み方をしても増大が早く期待出来ると言うことでは決してありません。

ヴィトックスαは高血圧だとダメ?!

ヴィトックスαは健康な人が飲んでも何も害はありませんが、高血圧の人の場合、少し話が違います。
高血圧で血圧を下げる薬を飲んでいる人は、勝手にヴィトックスαを服用してはいけません。
ヴィトックスαには血流を促進する効果がありますから、血圧を下げる薬の効果がなくなってしまうんです。
それに一方で血圧を下げようとして、一方で血流を増加させるという反対の作用を起こすため、体に大きな負担をかけてしまう事に。
だからといって絶対に併用できないというわけではありません。
血圧を下げる薬にも様々な種類があり、種類によってはヴィトックスαと併用しても問題ないものもあります。
でも、そうした判断は自分ではできませんから、血圧を下げる薬を飲んでいてヴィトックスαの服用を希望している人は、必ず病院へ行ってお医者さんに相談してください。

ヴィトックスαと血圧の関係

ヴィトックスαには血管を拡張させる作用があります。
そのため、人によってはヴィトックスαを飲むと血圧が上昇したり、下降したりする可能性があります。
特に注意が必要なのは、血圧を下げる薬を飲んでいる人です。
血圧の薬を飲んでいる人は、ヴィトックスαの効果を受けやすいので注意が必要です。
ヴィトックスαそのものに副作用がなくても、人によっては副作用のような症状をもたらしてしまうという事です。
健康な人ならあまり心配する必要はありませんが、持病があったり、どこか体に不具合がある人は、ヴィトックスαの作用によって、体に害を及ぼす事もないとは言えないので、まずはお医者さんに行き、服用してもいいかどうか尋ねてみてください。

ヴィトックスαは低血圧の人も要注意!

ヴィトックスαを飲む時、注意しなければいけないのは高血圧の人だけではありません。
低血圧で薬を飲んでいる人もヴィトックスαの作用には注意が必要です。
というのも、ヴィトックスαと低血圧の薬を併用すると、急激な血圧上昇をもたらす可能性もあるからです。
そうした急激な変化は、体に大きな負担をかけてしまい、不具合を起こす引き金となってしまう事も。
低血圧の人や、低血圧で薬を飲んでいる人は、自分だけの判断で勝手にヴィトックスαを服用してはいけません。
必ずお医者さんに相談して、お医者さんの許可をもらってから飲むようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする