現在の投稿数

63  件
2017年11月24日

身長 サプリ>足を長くする方法 ・ シェアノート> 脚の変形を治して足を長くする方法

脚の変形を治して足を長くする方法

三又三郎さん

脚の変形を治して足を長くする方法

脚の曲がりをなおせば、そのぶん背は高くなります。

正常な脚 O脚 X脚 XO脚

1.O脚の治療法

脚の変形のなかで、日本人に多いのはO脚です。

O脚とは、上の画像の通り、かかとを合わせて直立した場合、両ひざが離れてつかず、両下脚がO字型をなすものをいいます。

O脚の原因は、小さいときの無理な運動の他、前屈みなどの悪い姿勢、栄養のアンバランス、偏食、運動不足などですから、思い当たる点があれば改善してください。

O脚の治療法は、次のとおりです。

①正常歩で歩く。

②長時間、座らない。

③下脚の外側をマッサージする。

1日、朝と夕方の2回、両脚の外側(膝を中心に)をやや強めに、3分間、摩擦する。

④脚まさつ胸そらし体操を、1日2回、行なう。

⑤しばらく、つま先で立って脚全体の発育を促す。

⑥O脚用の矯正バンドを整形外科医と相談の上、着用してみる。

⑦O脚は足裏が内翻(内側にひるがえる)性であることが多いので専門医と相談して矯正用靴を試みる。

2.X脚の治療法

X脚とは、O脚とは逆で、両膝をつけて直立したときに、かかとがつかない場合をさします。

X脚はO脚にならぶ足に起こる症状のことです。

X脚の原因は、生理的な変形である場合と病気により変形する場合とに分けられます。

生理的な変化は左右対称で、機能的に困ることはなく痛みもないことが多いです。

病気によって変形してくる場合には、機能的な障害を伴い痛みも起こってきます。

骨の病気からx脚の原因となることもわかっています。

転びやすかったり、膝が丈夫でなかったり、全身の関節弛緩がある場合など、病気が原因でX脚になることもあります。

X脚の治療法は、次のとおりです。

①クル病のものは、病気を完治する。

②大すぎない、小すぎない、ぴったりの靴を履く。

足うらが外翻(外側へひるがえる)性の場合には矯正用靴をはく。

③栄養をよく摂る。

④1日、朝と夕方の2回、両脚の内側(膝を中心に)をやや強めに、3分間、摩擦する。

⑤両足首を内側に寄せて圧迫摩擦する矯正運動を行なう。

⑥長いこと、正座をしない。

⑦重度の場合は、整形外科で矯正装具を着用してみる。

3.偏平足の治療法

偏平足とは、足の裏のアーチ(湾曲)が減り、土ふまずの少なくなったもので、ひどくなるとベタ足とも呼ばれます。

偏平足

偏平足の分類

正常:土ふまずの内側がマイヤー線に達しない。

第一度(軽度):土ふまずの内側がマイヤー線を超え、スタルク線・ナイヤー線のなす角の2等分線に達しない。

第二度(中等度):土ふまずの内側が2等分線を超えてスタルク線に達しない。

第三度(強度):土ふまずの内側がスタルク線を超える。

足の裏が平たくなれば、それだけ身長は縮みますし、能率よく歩けずに、疲れやすくなります。

児童に多い偏平足治療法は、次のとおりです。

①矯正体操をする。

両脚をそろえて、つま先で立ち、椅子につかまり、足の裏の小指側だけをつま先からかかとのほうへ、脚をO脚のように開きつつ、ゆっくり床につけていく。

これを10回くり返す。

②足の裏の運動を行なう。

まず、右手で右くるぶしを、できるだけ外側に回して圧迫し、左の手で前足部を持って内側に回し、土ふまずのほうへ曲げていく。

これを10回くり返す。

③裸足で、丸太ん棒の上を横に歩いていく。

④足を強化するために、毎日20~40分間ほど歩いたり、ジョギングをしたり、やわらかい砂土を裸足で歩いたり、駆け足をしたりする。

⑤靴屋で売られている、偏平足用の薄いゴムでできた挿入板(中敷き)を靴にさし入れる(必要によって整形外科医と相談する)。

⑥靴を長い時間履く人は、足をよく洗ってマッサージ、矯正運動、足の日光浴をする。

⑦木のぼり、網のぼり、青竹ふみを試みる。

Pocket

, ,

follow us in feedly

閲覧数 : 53 回答数 : 0

コメント

コメントをどうぞ

が付いている欄は必須項目です

⇒メールアドレスはアバター画像を表示するために必要なだけですので、サイト上に公開されることはありません。

⇒画像を添付することができます(jpegのみ)