現在の投稿数

63  件
2017年11月22日

身長 サプリ>身長を伸ばす方法 ・ 質問・相談> 強い日差しの中で長時間いると、身長の伸びに害がありますか?

強い日差しの中で長時間いると、身長の伸びに害がありますか?

大前秀樹さん

僕はマリンスポーツが趣味で、ウィンドサーフィンを夏の間、毎日やっています。

長いこと日に当たるのは、伸長の害になりませんか。

Pocket

,

follow us in feedly

閲覧数 : 43 回答数 : 1

コメント

  • 溝端忠助さんより:
    2017年8月25日 12:12 PM

    適当な時間の日光浴はできるだけ多くしてください。
    ただ、強い日差しの中で長時間いて、強い発疹や水泡ができるまで日焼けするのは禁物です。
    むろん、君のように毎日やる必要はなく、機会を見つけて、校庭やマンションのベランダ、ビルの屋上、夏の海辺などで、2~3時間、太陽の下で遊んでいればいいのです。
    そのとき、できれば男性は上半身裸になり、バミューダショーツを履き、女性はタンクトップにホットパンツというふうに日光に皮膚をさらしましょう。
    すると、日光に含まれている紫外線が体内の骨を丈夫にしクル病を防ぎ、さらには、皮膚に存在するビタミンDの前段階であるエルゴステリンは、骨の発育成長を助けるビタミンDに生まれかわります。
    日光浴による恩恵はまだあり、体が紫外線を受けると血清のカルシウムが増加し、骨の細胞の新陳代謝は活性化されます。
    それによって造骨作用が促進されるわけです。
    このように伸長に役立つ日光浴ですが、素肌をさらすときは、皮膚炎を予防するために、次の順序で行なってください。
    ①木陰日光浴。
    ②直射日光ではない青空日光浴。
    ③帽子をかぶっての短時間の直射日光浴。
    肌を焼くのが嫌だったり、色が黒くなるのを好まない人は、①の木陰の北側などの天空光でも、けっこう日光浴を楽しむことができます。
    日光浴の効果は、直射日光だけから得られるものではありません。
    ②の青空日光浴がすすめられるのも、青空からの光にも紫外線は相当多く含まれているからです。

コメントをどうぞ

が付いている欄は必須項目です

⇒メールアドレスはアバター画像を表示するために必要なだけですので、サイト上に公開されることはありません。

⇒画像を添付することができます(jpegのみ)