現在の投稿数

63  件
2017年11月24日

身長 サプリ>身長を伸ばす方法 ・ 専門知識> 気の持ちようによって、背を伸ばすことも伸ばさないこともできるのです

気の持ちようによって、背を伸ばすことも伸ばさないこともできるのです

柿本幸恵さん

気の持ちようによって、背を伸ばすことも伸ばさないこともできるのです

「病は気から」といいますが、病気は気の持ちようによって良くも悪くもなるという意味です。

これは、身長を伸ばす際にも同じことなのです。

背が低い、背が伸びないと思い悩んでばかりいないで、心を明るく強く保ち、エネルギーのすべてを身長が伸びるほうに向けましょう。

心と体は別ものではなく、心の持ち方が良くないと肉体の成長にブレーキをかけてしまいます。

これは、医学的に証明できることです。

身長を伸ばすホルモンは何かといえば、成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモンなどです。

このうち、背の伸びに最大に貢献する成長ホルモンは、他のホルモン系である副腎皮質ホルモンの影響を受けやすく、その分泌が鈍ることがあります。

言葉をかえていうと、副腎皮質ホルモンは、成長ホルモンの分泌を抑える作用をもっているわけです。

副腎皮質ホルモンは、左右の腎臓の上にくっついている副腎の皮質から分泌されるホルモンで、血中のリンパ球などを減らしたり、血糖を増加したりしますが、その分泌活動は、ストレス状態になると、たいへん活発になります。

ストレスを受けると、人体の防衛力を高めるために分泌を増大させるのです。

これが、ストレスに対する「適応ホルモン」と呼ばれるゆえんです。

ところが、副腎皮質ホルモンがいくら頑張っても、ストレスのほうが強く、また、度重なって攻撃を受けると、ストレスに対して適応症候群を起こして、ストレスに対し過度に順応してしまいます。

そうなると、成長ホルモンの分泌を抑制する作用をもち始めますので、ストレスをできるだけためないことが肝要です。

精神的な不満や不平は、副腎皮質ホルモンを必要以上に刺激してしまいますから、身長を十分伸ばすためには、やはり心の安定や生活の落ち着きがとても大切なわけです。

背が低いからと、くよくよ悩んだり、将来に不安を覚えたりと、悩み事をいつまでも抱えこんでいれば、ストレスは増すばかりです。

成長ホルモンを分泌しようにも、うまく出てこなくなります。

今日から背が低い、背が伸びないなどと思い悩んでばかりいないで、小さなことにこだわらず、心を明るくし晴れやかな気持ちで、毎日を過ごしてください。

Pocket

, , ,

follow us in feedly

閲覧数 : 64 回答数 : 0

コメント

コメントをどうぞ

が付いている欄は必須項目です

⇒メールアドレスはアバター画像を表示するために必要なだけですので、サイト上に公開されることはありません。

⇒画像を添付することができます(jpegのみ)