増大薬と増大サプリの違いを検証(増大効果/安全性/副作用など)

村上正志
この記事を監修したのは

村上正志です

増大薬と増大サプリの違い

増大ということを考えた時に、選択肢として考えられる方法としては、増大サプリや増大薬、もしくは、塗るタイプの増大薬を利用することを考えるのではないでしょうか。
それぞれが増大することを目的とされるものですが、ここでは、増大サプリと薬では、その効能に差異があることと考えます。
増大サプリは、薬局やドラッグストア、ネットを通じて誰でも容易に購入出来るものであると考え、増大薬はネットを通じて、個人で輸入するか医療機関で医師の診察を受けた上で処方される性質のものであると考えます。
したがって、増大サプリと増大薬の含有成分について考えた時には、効能の強さの面であったり構成成分の間に違いがあるのです。

増大薬の種類

増大薬には、飲み薬タイプと塗り薬タイプが主にあります。
飲むタイプは、身体の中から血流改善やホルモンの調整を行い、増大を図ります。
塗るタイプは、チンコの表面に薬を塗りこみ、その成分をチンコの表面から浸透させて、チンコに流れる血流の促進等からその効果を表します。
どちらのタイプを利用するかは個人の自由ですが、効能の大きさの面でも、飲むタイプの増大薬の方が増大の効果の実現はし易いのではないかと思います。
塗るタイプは、同時にチンコのトレーニングにもなりますが、手軽に飲むだけで良いということからも飲むタイプの増大薬が良いのではないかと思います。
しかし、個人個人によって最適な増大薬の種類は違いますから、自己判断で利用してください。

増大薬を利用する際に気をつけること

増大を達成するために増大薬を利用することは、増大サプリを利用することに比べても効能の部分で期待値は高いと考えられます。
医療機関で医師の診察を受けた上で処方された増大薬に関しては、自らの身体に適している薬を医学的な観察に基づいて利用できますので安心して利用できます。
しかし、個人で海外から輸入して増大薬を手に入れる場合の薬の利用に関しては、注意が必要になります。
海外からの個人輸入の方が医療機関に行くよりも安価で済みますし、ネットで手軽に手に入れる事ができますから、海外からの個人輸入の方を利用したくなるのはしょうがないことです。
しかし、海外で販売される増大薬は外国人のためで、基本的に日本人のために販売されるわけではありません。
したがって、摂取量が日本人に合っているのか自分で判断しなければなりませんし、自分の身体に合ったものなのかという部分で自己責任なのです。
そういった意味でも、増大をしたいと考えた時には、自分の体質にあっている増大薬をしっかりと選別するという点に注意しなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする